LE版向けの記事です。

 

人物や風景をリアルにするMODはありますが、各iniの設定をしっかりしていないと本当にリアルな感じにはなりません。

結構忘れやすいので、再構築するような状況になった時のためにも効果がある記述をまとめていきたいと思います。

ネットで色々見た情報+試行錯誤をまとめた情報なので、間違った内容もあるかもしれません。

 

使っているPCによってはFPSが著しく低下する場合もあるので、記述を追加する場合いじる前のiniファイルをバックアップしておいてください。

それと使ってるENBによって設定が違う場合は、基本使ってるENBの推奨設定を記述したほうがいいでしょう。

 

SkyrimPrefs.iniへの記述

以下[Display]欄に記述

 

iBlurDeferredShadowMask=3

影のシャープネスを設定する記述。数値が低くなるほどシャープになり大きくなるほどぼやける。

0~7の間で設定できる。

 

fInteriorShadowDistance=3000.0000

屋内の影の描画距離を設定する記述。3000でいいみたいです。

 

fShadowDistance=8000.0000

屋外の影の描画距離を設定する記述。8000にすると影の点滅現象を防ぐことができる。

値を小さくするほど影の画質が上がる。

 

iShadowMode=3

シャドウエフェクトを生成する記述。効果が無いとも言われているのでお好みで。

 

iShadowFilter=3

シャドウフィルタのオンオフを設定する記述。0でオフ1~4でオンになる。

オンの場合3推奨。

 

iShadowMapResolution=2048

影の解像度を設定する記述。FPS負荷に余裕がある場合4096にしてもいいでしょう。

 

iShadowMapResolutionSecondary=1024

影の解像度を設定する記述その2。ShadowMapResolutionに直接関係し、設定した値に対して4倍の負荷になる。

最大値は8192だが超絶ハイスペックでもまともに動作するか怪しいので、高くても4096がいいでしょう。

 

iShadowMapResolutionPrimary=2048

影の解像度を設定する記述その3、ShadowMapResolutionに直接関係し、設定した値に対して2倍の負荷になる。

Secondaryと同上。

 

fShadowBiasScale=0.16

影の深度バイアスを設定する記述。値が小さいほど暗い雰囲気になる。

推奨値は1。

 

iShadowMaskQuarter=4

特にいじる必要なし。

 

bFloatPointRenderTarget=1

照明の精度を設定する記述。ENBを使っている場合1にする。

 

bTreesReceiveShadows=1

木の影を付加する記述。

 

bDrawLandShadows=1

岩や山などの影を付加する記述。

 

bDrawShadows=1

ゲームで使用されているか謎な記述だが一応1に設定。

 

bShadowsOnGrass=1

オブジェクトが草の上に影を写すかの記述。ENB使用時1に設定。

 

iMaxAnisotropy=0

異方性フィルタリングのレベルを設定する記述。

 

bFXAAEnabled=0

FXAA技術のアンチエイリアスを使う記述。

 

iMultiSample=0

ENB使用時は0にして無効にする。

 

enblocal.iniへの記述変更

true=有効

false=無効

 

[MEMORY]

ExpandSystemMemoryX64=false
ReduceSystemMemoryUsage=true
DisableDriverMemoryManager=false
DisablePreloadToVRAM=false
EnableUnsafeMemoryHacks=false
ReservedMemorySizeMb=256

∟64, 128, 256, 384, 512, 640, 768, 896, 1024の数値を設定できる。

できるだけ少ない数値を設定したほうがいいが画面のカクツキが頻繁に起こる場合数値を増やす。

 

VideoMemorySizeMb=15680

使用しているグラボによって設定する値が違う。

計算式:vramsizetestのDX9で出た数値―ReservedMemorySizeMbの数値

 

EnableCompression=false
AutodetectVideoMemorySize=false

 

[FIX]

FixGameBugs=true

CTDを引き起こすゼロ除算などのエラーを修正する記述。

 

FixParallaxBugs=true

Parallaxテクスチャレンダリングの問題を修正する。Parallax化MODを使ってない場合falseにする。

 

FixParallaxTerrain=true

Parallax効果を有効にするかの記述。

 

FixAliasedTextures=true

雪のエイリアスを減らす記述。

 

IgnoreInventory=true

メニュー画面時のレンダリング処理を無視する記述。

 

FixTintGamma=false

髪の毛などの小さな色の違いを修正する記述。

 

RemoveBlur=false

遠景DOFの排除をする記述・・っぽい。

 

FixSubSurfaceScattering=true

文字やオブジェクトのテクスチャがぼやけて表示されるのを防ぐ記述。

 

FixSkyReflection=true

空を反射する問題を修正する記述。

 

FixCursorVisibility=true

Alt+Tabを使用した後のカーソル表示問題を修正する記述。

 

FixLag=false

ウィンドウモードで発生する遅延を軽減する記述。ラグい場合はtrueにするといいのかも。

 

コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »